HOME>注目記事>キルティング生地で小物作りを楽しむ方法と長持ちさせる方法について

キルティング生地がおすすめのものとは?

キルティング生地がおすすめのものは、トートバッグ・ラグ・コースターにシーツなどです。衝撃に強いので長く使う事が出来ます。

キルティング生地の手入れ方法

  • 洗濯する際はポケットの中身を空にする
  • ハンガーをかける際は前ボタンをする
  • 汚れたら水を含んだタオルでふき取る
  • 汚れがひどい場合はクリーニングへ
  • 家で洗濯する際はしっかりと乾燥させる
  • 自然乾燥で中までしっかり乾かす
  • 乾燥機を使う際は洗濯表記をチェックする
  • すぐに畳まず、ハンガーにかけてシワを伸ばす
  • シーズンが終わったら一度クリーニングに出す方が良い
  • アイロンの熱に弱いので使わないようにしましょう

色々なものに応用が可能なアイテム

布巾

生地には様々な種類があり、手触りや性質など異なる特徴を活かしてファッションや品物が作られます。その生地の一つであるキルティングは、2枚の布の間に綿や羽毛などをはさんで縫い付けて1枚の布にしたものです。まっすぐに縫うランニングステッチで止付けるように縫いますが、細かくクロスに縫い上げられたキルティングが一般的によく知られています。やや立体感があり、保温性に優れているため冬用の衣類や防寒具、ベッドカバーなどに使用されることも多いです。また、洗濯も簡単にできるので、繰り返し洗濯が必要なアイテムに使用することも可能、比較的丈夫な生地のため様々な分野で活躍する生地の一つでもあります。肌触りもふかふかとしているので、触り心地も良いアイテムです。

手芸初心者にも扱いやすい

布

さらに、キルティングの生地は手芸にも向いているため初心者もチャレンジしやすく、簡単に小物などのオリジナルアイテムを作ることができます。柄の種類も多くて軽い生地なので、子供のレッスンバッグなどに応用する方もいます。

機能性と手軽さが魅力的

布

2枚の布の間に綿などをはさんで縫い上げられるキルティングの生地は、保温性などの機能を活かしたファッションが多く作られています。また、手芸初心者にも扱いやすく、軽くて丈夫なため色々なものにアレンジすることが可能です。